交通事故の現状

ある人は、「こんなはずじゃなかった」と言います。
自分が引き起こしたことなのに、なんだか他人事のようで、実感が無いように話しています。
自分がそのようなことを引き起こしたことがいまだに実感できず、それが起こった時は、ただあたふたするしかありませんでした。
自分の「些細」と思えるミスによって、人の命を奪ってしまったのです。
これは、一体どんな状況なのでしょうか。
ある、交通事故を引き起こしてしまった人の実体験です。
少し不注意になっていただけで、少しスピードが出ていただけで、少し左右前後の確認を怠っただけで、人が飛び出してきたことに気付かず、轢いてしまったのです。
すぐに救急車で運ばれましたが、死亡が確認されました。

これは、「まれ」なケースだと、思いますか?自分は決してそのようなことにはならない、決して当事者にはならない、交通事故は引き起こさない、そう確信を持って言えますか?実際に、その答えに「はい」と答えられる人は一人もいません。
その人はきっと、とても慎重に運転しているのか、自分の運転技術や、交通事故を今まで一度も起こしていないという自信を過信してしまっているか、のどちらかでしょう。
そして、そういった「油断」が、重大な交通事故を引き起こしかねないことは、過去の実例が十分すぎるほど証明しています。
車は現代では欠かせない交通手段ですが、包丁と同じく使い方を誤ると、それは人の命を落としかねない凶器にもなり得るのです。



□推奨リンク
交通事故被害の賠償金や示談金に関する相談を受け付けている法律事務所のサイトです → 交通事故 賠償金

Copyright © 2014 交通事故を起こさないためのかもしれない運転 All Rights Reserved.